Benjamin Soffer

ベンジャミン・ソッファーは2005年にテクニオン・テクノロジー・トランスファー事務局(T3)のCEOとしてテクニオンに加わりました.T3の職務の一環として、ソッファーは、ベンチャー企業の設立とテクニオンの研究から生れる技術の商業化を担当しています。 彼は、イスラエル、ヨーロッパ、米国と幅広く投資、産業、政府の分野で20年以上にわたり経験を積んでいます。

Joined the Technion as CEO of T3 - Technion Technology Transfer office in 2005. As part of his duties at T3, Mr. Soffer is responsible for the establishment of startup companies and the commercialization of technologies arising from the Technion research. His Experience spans over 20 years in the areas of investment, industry and government in Israel, Europe, and the United States.